ぱんだ日和

母として・妻として・女として「楽しい!」「嬉しい!」「幸せ!」を追求していくワーキングママの日常♡

無痛分娩レポート【入院編②】

さて、いよいよ無痛分娩レポートも最後です!

 

私が出産した病院は異常がなければ産んだ日を含めて4日間入院して5日目に退院する病院でした。

 

なので

 

12/27出産したので12/31に退院です。

 

産まれてくるのが1日遅かったら年末年始を病院で過ごす羽目になるところだったのでホント娘に感謝♡

 

出産翌日から昼間のみ母子同室。

 

今回の出産で私がものすごくこだわった「母乳育児」ですが、前回の記事でも書いたようによく寝る娘。

 

そして起きるタイミングが少しズレてる娘。

 

3時間おきの授乳タイムには必ず爆睡。

 

そして授乳タイムの2時間後くらいにお腹を空かせて泣くというわけのわからないパターンになってしまい非常に困りました(´;Д;`)

 

「え?母乳育児したいなら別に泣いた時にあげればいいから関係ないでしょ?」と思いますよね?

 

違うんです。

 

授乳タイムに部屋にミルクを持って来てくれるのですが、授乳タイムがスタートして30分後にはミルクを回収されてしまうんです。

 

産んだ直後でまだ母乳の出も安定してないので運んで来てもらったミルクを飲まないと次の授乳タイムまで飲めないわけですよ。

 

そしてギャンギャン泣く→おっぱいあげる→あんまり出ない→更にギャン泣き

 

という恐ろしい事になりそうなので授乳タイムに爆睡する娘に毎回ヒヤヒヤしてました

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

そして遂に恐れていた事態が。

 

退院前日に病院が「お祝い膳」というものを用意してくれて「やっほーい♡」と喜んでいた私。

 

普段の食事も美味しいのにお祝い膳って…どんだけ♡と期待に胸膨らませてました。

 

そしていつもは食事は部屋に運ばれてくるのですが、お祝い膳は同じ日に出産した他のママさん達と専用のラウンジで食べるとのこと。

 

同じ病院で同じ日に出産したママさん達とママ友になろー♡

楽しみーーー(о´∀`о)

 

その日は18:00にラウンジ集合。

 

前もって主人に伝えておき、私がラウンジで食事してる間部屋で見ててね♡とあらかじめ頼んでおいたのですが

この日も16時の授乳タイムに爆睡してた娘。

16:30にはミルクを回収され一抹の不安が。

 

そんな私の不安など知らない主人はルンルンしながら娘に会うために面会に来ます。

 

17:25

ふぇんふぇんグズり出す娘。

少しだけ授乳してウトウト。

 

が、もちろん足りないのでまたグズグズし出したのが17時50分。

 

事の重大さがわかってない主人は

「抱っこしておくから行ってきなよ(о´∀`о)」と非常に呑気。

 

なんだか腑に落ちない顔しながら主人に抱かれている娘を見て見ぬ振りしてとりあえずラウンジに行きました。

 

部屋を出るまでモタモタしていたせいでラウンジに着いたのは私が一番最後で皆さんを待たせてしまってました∑(゚Д゚)

 

そして念願のお祝い膳がスタート(//∇//)

 

コース形式に一品ずつ出て来ます♡

 

f:id:terenamon:20180207022846j:image

前菜♡

きゃー!おしゃれ(о´∀`о)

 

f:id:terenamon:20180207022854j:image

ウニとトマトのパスタ♡

ウニの濃厚な風味とトマトの酸味が絶妙でした

(*´∀`*)

 

ルンルンしながらお料理の写真をとったりお料理を堪能してると主人からLINEが。

 

「ずーっと泣いてる。」

 

・・・やっぱりか。

まぁでも今更何を言われてもどうしようもないと思い既読スルー。

 

気を取り直してお料理を楽しもっ(´∀`=)

f:id:terenamon:20180207022900j:image

メインは牛フィレ肉のバルサミコソース♡

ビックリするほどお肉が柔らかくて感動!

 

するとまた主人からLINEが。

「なんかすげー怒ってるんだけど」

・・・そうだよねー。

時間なくてちょっとしか授乳出来なかったしねー。

ここはさすがに返信しないとと思い「今メイン食べてるからもう少しで戻るね!」と返信。

 

デザートを待っている間にまたしてもLINEが。

 

「全然泣き止まん。」

f:id:terenamon:20180207023819j:image

「こんな状態やで!」と、娘の写真付きのかなり切羽詰まったLINEがw

 

「急いでデザート食べて戻るからもう少し待って!」とすかさず返信。

 

f:id:terenamon:20180207022904j:image

待ちに待ったデザートプレート!

 

デザート食べてる間にまたLINEが。

f:id:terenamon:20180207024056j:image

「泣き疲れて自分の指ちゅーちゅーしながら寝た。」

 

Σ(゚д゚lll)ぶは!そんなか!

 

それから急いでデザートを食べて一番最後に到着した癖に一番最初に席を立つ私。

 

同じ病院で同じ日に出産したママさん達と友達になろー♡という私の淡い期待はあっけなく散りました。

 

ママ友とか言ってる場合ではない!

はやく娘に乳を飲ませなければ!!!

 

猛スピードで部屋に戻ると食事に行く前よりも心なしかげっそりした主人が娘を抱いて立っていました。

 

私「…お、お疲れw」

夫「すごかったよマジで。」

 

私が食事に出てからの1時間半、ずっと娘に泣かれてさすがに自分のおっぱいを吸わせようかどうか本気で悩んだらしいです(もちろん吸わせてませんがw)。

 

私が居ない間に娘と2人のラブラブ父子空間を想像していた夫からすれば「全然想像してたのと違う」ってところでしょうねε-(´∀`; )

 

その日1時間半でぐったりした主人はすっかり肩を落としながら帰って行きましたw

 

そして翌日はいよいよ退院。

午前中に最後の診察をしてもらい、特に異常もなく無事退院できました(o^^o)

 

今回のお産は私の中でほぼ満点!

(入院当日の情けない気持ちや出産時に自分で分娩台に上がらなかったのがちょっと残念でしたが)

気持ちの面でも体的にも大満足なお産でした♡

 

お食事の美味しくて頼もしい助産師さん達のいる病院を選んだ事

 

効きすぎたけど麻酔のおかげで本当に全く痛みなく可愛い娘に会えた事

 

痛みに耐えたり緊張しなかったおかげで産後も心身ともに全く辛くなく出産初日から余裕を持って育児をスタートできた事

 

全てにおいて大満足!

 

本当に無痛分娩にしてよかった!と心から言えます♪

 

あくまで私個人の意見ですが、陣痛に耐えなくてもお腹を痛めなくても我が子に初めて対面した時は普通分娩で出産した息子の時と同じ様に感動したし、むしろ心身ともに辛くなかった今回の方が純粋に赤ちゃんの可愛さや愛おしさを感じる余裕がありました(о´∀`о)♡

 

無痛分娩、本当にオススメします!

 

以上、無痛分娩レポートでした(`・ω・´)